chmodを使って再帰的にアクセス権を変更する方法

  Linux

chmodを使うことでファイルのアクセス権を変更できます。

ディレクトリ以下のファイルすべてのアクセス権を変更するためには -R オプションを使います。

ただし、この場合はファイルだけでなくディレクトリ含めてすべてのアクセス権が変わりますのでそこだけ注意が必要です。