windows10からLinuxにリモートデスクトップ接続をする

  Linux

windows10からLinuxにリモートデスクトップ接続を行う方法を書きます。

LinuxはLinxMint18.3を用いています。

xrdpとvnc4serverのインストール

RDP接続で必要となるxrdpとvnc4serverをインストールします。

その後、設定ファイルを編集してリモートデスクトップ接続時にmateが起動するようにします。

ホームディレクトリに .Xauthorityを作成し、.Xlientsに起動させるmate-sessionを記述します。その後.Xclientsファイルに実行権をつけます。

最後に/etc/xrdp/startwm.shの最後の行に mate-sessionを追加します。

 

8行目の.  /etc/X11/Xsessionに#をつけてコメントアウトし(削除してもいいです)、mate-sessionを追加してファイルを保存します。rootでないと編集ができないのでroot権限を取得して編集をしてください。

windows10からリモートデスクトップ接続を行う

[スタートメニュー]ー[windowsアクセサリ]ー[リモートデスクトップ接続]と選択しリモートデスクトップアプリを起動します。

コンピューター名のところに接続先のLinuxのIPアドレスかマシン名を入力します。

xrdpのログイン画面が表示されるのでusernameのところにLinuxのユーザー名を入力しpasswordのところにLinuxユーザー名のパスワードを入力します。

それでログイン可能になります。