ubuntuのディスクをmacからマウントする手順

  Linux

mac OSからubuntu 18.04 LTSにNFSマウントする際の手順は次の通りになります。

Ubuntu側の設定

まずubuntu側にNFSサーバーを構築するために、必要なパッケージのインストールを行います。

続いて、設定ファイルにマウントさせる場所、接続許可をするアドレス範囲、接続内容を記述します。

/etc/exportsの末尾に

と書きます。意味は次の通りです。

  • /nfsはNFSの設定
  • 192.168.0.0/24 は接続を許可するクライアントのPアドレスの範囲指定
  • rwはクライアントの読み書きの許可
  • no_root_squashはクライアント側の root からのファイルの読み出し/書き込み要求を root からの要求として扱うという意味
  • no_subtree_checkはクライアントからの要求されたファイルが公開ディレクトリに含まれるかどうかチェックしないという意味

最後に次のコマンドでNFSサーバーを再起動します。

 

mac側の設定

マウントしたい場所を作成します。

次にubuntu側のディスクをマウントします。

  • -Pはresvportオプション。予約されたポート番号を使ってマウントする方法です。

   resvport

             Use a reserved socket port number.  This is useful for mounting

             servers that require clients to use a reserved port number on the

             mistaken belief that this makes NFS more secure. (For the rare

             case where the client has a trusted root account but untrustwor-

             thy users and the network cables are in secure areas this does

             help, but for normal desktop clients this does not apply.)

  • 192.168.0.2:/nfs はubuntu側のIPアドレスとマウント先のパス
  • Volumes/NFSはmac側のどこにマウントするかのパス

これでubuntu側のディスクをマウントして、mac側で作業をすることができるようになります。