pythonで繰り返し処理をさせる方法

  python

pythonで繰り返し処理をさせる方法はいくつかありますが、ここではforとwhileを用いた方法を説明します。

forを使った繰り返し

for文は次のように用います。

結果はこのようになります。

この例では 0から9までの整数を発生させてそれを逐次表示させています。range(10)により(0,1,2,3,4,5,6,7,8,9)というリストを作成しそれを順次変数iに入力します。それをprint文で表示しています。

whileを使った繰り返し

while文は次のように使います。

結果はこのようになります。

この例では 変数numを0で初期化し、そののち1回ずつprint文でnumの内容を表示そのあとnumに1を加えます。numが5未満の場合は処理を繰り返します。numが5未満で無くなったときにwhileループを抜けます。

したがって、 num < 5 という条件が満たされている限りwhile文が実行されることになります。よくあるバグとしては、この条件式が間違っており、whileループが無限に続く場合と、同じく条件式が間違っていて一度もwhileループが実行されない場合などがあります。

rangeの使い方

for分で使ってきたrangeですが、様々な使い方があります。

次の例では、1から10まで1ずつカウントアップした数を生成します。開始の1は含まれますが、終端の10は含まれません。

結果

 

この応用としてステップ数をマイナスにすることもできます。次の例では10から-10まで2ずつ減らした整数を生成します。

結果

 

あらかじめ回数が決まっている場合はfor文を、条件が満たされるまで繰り返す必要がある場合はwhile文を用いてコードを書くことになると思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。